メンタルの強い人弱い人

ピアノ
あなたは緊張することはありますか?それはどんな時でしょうか?メンタルが弱いとなおさら緊張が強いでしょうか。
 
・頭が真っ白になる
・手が震える
・体が固まってしまう
・やったことのない失敗をしてしまう
etc…
 
こんなことが起こると、パフォーマンスの質が落ちていく悪循環に入ってしまいますよね。考えただけでもゾッとしてまいそうです。
 
さて、メンタルの強い人と弱い人の差とは、なんなのでしょうか。
 
性格だ、と言いたくなるところですが、、、まあ、間違いではないです。でも性格だけではない、誰でも持っているものの使い方次第で、結果をより良くしていくことができます。
 
その、誰でも持っているものとは、脳です。
 
脳の使い方に性格は関係ありません。性格というより意識する、練習する、訓練する、といったことで慣れていきます。メンタルが弱い人の傾向は、不安なイメージが多いことです。そしてそれが強いことです。~したらどうしよう、そんなことが頭の中をグルグル回っています。
 
この思考が役に立つこともあると思いますが、必要なときに必要な思考を使うことが重要です。また、不安なイメージがくっきりはっきりできる人がメンタルが特に弱い傾向にあります。これは、パフォーマンスする前から脳の中では失敗体験をしてしまっているので、現実ではなかなか思うように動かないのです。
 
要はイメージです。脳を成功のイメージ、楽しむイメージに使うことです。
 
メンタルが強い人も、緊張したり不安になったりする人もいます。
でも、それ以上に成功のイメージだったり、楽しむイメージもできるので、パフォーマンスができる。メンタルが強く見える。
 
そう、メンタルが強いも弱いもないんです。イメージすることで、そう見えるだけ。結果がそう見せているだけ。不安のイメージが上手にできるなら、イメージ力が強いということなので、成功のイメージも上手にできますよ。
 
メンタルがめちゃくちゃ弱い人は一気に強い人になれる可能性ありです。
なので、メンタルが強いも弱いもないんです。結局は脳の使い方次第です。
 
そんな脳の使い方をカウンセリングやヒプノセラピーでやっています。
この先パフォーマンスを控えてる方、必要な方、ぜひお気軽にお問い合わせください。いつでもお待ちしております(^_^)ノ