催眠ってなに?なんかあやしい!?①

水面のクラウン

あなたの催眠のイメージはなんですか?

ほとんどの方はテレビで見た、あの催眠術ショーを思い浮かべたのではないでしょうか。催眠にかけられている人は操られているように見えた、あのショー。

私は催眠療法士でもありますが、実はあのショーのようなことはできません。

なぜか?私は人を操ることはできないからです。

ではなぜ操れないのか・・・。

それは、誤解の一つ。催眠状態に入っていると意識できなくなるというのが誤りだからです。催眠状態に入っていてもあなたの意識はハッキリしていて、会話もできます。言いたくないことは言わないし、やりたくないこともやらない、自分をコントロールできます。

逆に今よりも意識がずっと集中した状態になっています。

そして、その次に出てくる誤解がこれ。「私は催眠にはかからないから催眠療法は効かない。」これは大きな誤りです。なぜなら催眠は皆さん全員入るからです。

ここで誤解を生む言葉はもう使わないようにします。

×催眠にかかる、かからない

×催眠療法が効く、効かない

催眠は全員入りますので、かかる、かからないは存在しません。催眠に入れるということは催眠療法も必ずあなたに何かを残してくれます。

さて、なぜ催眠は全員入るのか?

続きは次回の投稿で。