分かってもらいたい!

good

自分のことを分かってもらいたいという願望を持っている方は多いのではないかと思います。自分の考え方だったり感情だったり、人に分かってもらえると気持ちが良いものです。

・あの食べ物がおいしかった

・あの曲が良かった

・自分はこんなにツライ思いをしてるんだ

・こうしたらもっと良くなるんじゃないか

etc…

いろんな感情や考え方があると思いますが、あなたが分かってもらった時というのは相手はどんな対応でしたか?

多くの方は分かってもらいたいがために、分からせることに夢中で「分かってあげる」ことを忘れてしまっているのではないかと感じています。特に、気持ちに余裕がない人はそのような傾向にあります。

みんながみんなに「分かってもらえない」の悪循環に陥っていて、どうにもならない状態・・・。では、どうしたらいいのでしょうか?

それは聴いてあげることです。

分からせる前に「分かってあげる」こと。そうすれば相手の状態が良くなって自分に返ってきます。分かってあげることは共感することとは違います。

自分が楽しかったことを、誰かがつまらなかったと言ったら、「どうして!?」となるのではなく「私は楽しかったけど、あなたはつまらなかったんだね。」と分かったことを伝えてあげればいいだけ。

自分にウソをつく必要はないです。楽しかった人はつまらないことに共感はできません。つまらないことを分かった上で、自分は楽しかったと伝えるのは自由です。

分かってもらいたい願望の世の中ですので、分かってあげる姿勢は人間関係を築くのに良いものになります。まずは分かってあげると思ってみたらいかがでしょうか。

と言っても、やっぱりどうしていいか分からないという方は、ぜひお話をしに来てみてください。今思っていることをぶちまける、思った以上にスッキリしますよ(^ ^)