それを選択しているのは誰でもない、自分。

分かれ道

悩んでいる人のよくある特長。

・分かってるけど出来ないんです・・・

・自分って本当にダメですね・・・

・相手に分かってもらえない・・・

・どれだけ我慢しているのか・・・

etc…

相談内容にかかわらず、このような方が多いです。このような方からアドバイスを求められて、あなたは何て言いますか?

「分かってるなら大丈夫、やってみましょう」

「そんなことないですよ」

「伝え方が悪いんじゃないですか」

「もう我慢しなくていいですよ」

こんな感じに言いがちでしょうか。そしてここからお話を進めていきますかね。良し悪しを言うわけではないので、それはそれでいいと思います。

でも、言ってしまえば、「」のことは悩んでいる方は分かっているんですよね。

「分かってるなら大丈夫、やってみましょう」←(だから出来ないんだって!)

「そんなことないですよ」←(私の何が分かるんだ?)

「伝え方が悪いんじゃないですか」←(分かってるって!)

「もう我慢しなくていいですよ」←(我慢しないってのが出来ないだって!)

「」に対して()の心の声が聞こえてきそうです。

例えば、

・分かってるけど出来ないんです・・・

というのは、出来ない、やらない、というのを自分で選択しているんです。

「いやいや、~のせいで出来ないんですけど」このような方には、もはや選択肢がないんですね。

やりたくない仕事をやっている方も、それを選択してしるのは自分です。やらされていても、それをやると決めたのは自分。

要因が外にあるかもしれませんが、あなたの行動は誰が決めたわけでもない、自分が選択したものなんです。お話は、まずはそんな自分に気づくところからです。

例えば、

・やらないことを自分で選んでいる

・我慢することを自分で選んでいる

etc…

そこに気づいて、自分にフォーカスしていくと、実は自分で持っている答えを引き出してこられるのです。これは何も悩んでいる人だけのものではありません。誰でもそうです。仕事でも趣味でもスポーツでもなんでもそうです。

自分の行動は自分で決めている。当たり前のようで、なかなか実感はできないものなんですね・・・外にばかり注目していると分かりません。もっと自分に意識を向けてみてくださいね。

前の記事

あがり症は治せる?