あなたの「できない」は本当ですか?

空と女性2

気が付けば、自分は「~できない」と決めつけていることありませんか?「~できない」の他にも、「~である」とか「~であるべき」とかでも構いません。あなたが決めつけていること、ありませんか??

たとえば、

・自分は勉強ができない

・いつも他人に優しくないといけない

・他人と話すことが苦手だ

・直感で決めるべきではない

etc…

このようなことのほとんどは、子供の頃の経験からあなたの信念として出来上がったものです。なので無意識に作り上げられたあなたの常識のようなものになっています。

この信念は今まであなたを助けてくれたことと思います。信念はあなたを守ってくれるものです。

でもそれは子供の頃に作り上げられたものだとしたら、今はどうなのでしょうか?あなたの「できない」は本当ですか?そしてそれは、今あなたが進みたい方向を制限するものになっていませんか?

例のように、あなたを制限している信念を挙げてみてはいかがでしょうか。このように「できない」などの表現はあなたのブレーキとなっているものです。あなたのブレーキはどんなものがあるのか、認識してみましょう。

そしてそれが、今までどんな良いことをもたらしてくれたのか、そして今はどんな良いことをもたらしてくれるのか。また、今のあなたにどんな不利益があるのか。

これからのあなたに必要な信念を考えてみましょう。その信念が今のあなたにとって不利益なのであれば、代わりとなる望ましい信念を考えます。

このような作業はカウンセリングやヒプノセラピーが大いに役に立ちます。無意識レベルのものですから、ヒプノセラピーで気持ちの良い無意識の旅を楽しむのはいかがでしょうか?その旅で探りに行ってみませんか。

新しく見つけた信念でどんな良い変化が起こるのか。そして意外とそれは巷にあふれているものだったりします。それを外から確認することで、よりあなたの信念として根付いていくと思います。

興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。